害虫による症状の種類|レボリューション(中型犬用)を動物病院へ行かずに購入する方法とは

レボリューション(中型犬用)を動物病院へ行かずに購入する方法とは

レボリューション(中型犬用)を動物病院へ行かずに購入する方法とは

害虫による症状の種類

白とオレンジの錠剤

フィラリア症とは、フィラリアという内部寄生虫がペットの体内に寄生することで起こる病気です。
蚊を介してペットたちの体内に侵入してくるのですが、このときはまだフィラリアも幼虫で、目立った症状が出ることはありません。
しかし、フィラリアの幼虫が心臓部や肺動脈にまで移動し、そこで成虫にまで成長してしまったときが危険なのです。
フィラリアの成虫は糸状のカラダになり、その全長は30cmを超えることも。
こうなると人間でも簡単に目視できるほどのサイズなのですが、そんな大きさの寄生虫がペットの血管内に常駐してしまえば、当然血液の流れは悪化してしまいます。
それによって血尿や食欲不振、ひどい咳や呼吸困難などの症状を引き起こす危険があるのです。
また、それ以上にフィラリア症が危険だと言われているのは、これが原因で命を落とすペットもいるからなのです。

一方、ノミ・ダニについてですが、こちらも甘く見ているとさまざまな症状を引き起こす原因になってしまいます。
ノミやダニに噛まれてしまうと、その部分が次第に痒くなってしまいます。
これは私たち人間と同じなのですが、ペットたちは痒みを自分で我慢したり治療することができません。
そのため、我慢できずに全身を掻きむしってしまい、皮膚を傷つけてしまうことが多々あります。
このときできた傷から雑菌が入り込み、化膿してしまうことがあるのです。
ノミやダニによって皮膚炎を発症するペットも多く、小さなノミ・ダニといえど決して放置はできないのです。

こうした害虫による症状を最小限に抑え、早い段階で完璧に駆除するためにも、レボリューションを投与してあげる必要があるのです。

害虫による症状の種類

白とオレンジの錠剤

フィラリアやノミ・ダニは、ペットにもさまざまな症状を引き起こす可能性があります。フィラリアは時にペットの命を奪うことがありますし、ノミやダニも炎症の原因になることがあるため、決して油断はできない存在なのです。